転居はセルフ?業者?

転居の際の引越し作業を業者にお願いする場合、見積もり請求などの手続きが必要になりますが、そもそも引越し業者に頼むべきなのかどうかで悩む人も少なくないでしょう。自力で転居先に無理なく運べる荷物量しかない、重い荷物はあるけれど引越し当日は協力者が集まる、荷物を運ぶ車を用意することができるという人は、自力で引越しすること自体は可能です。

ただ、自力での引越しにはデメリットもあります。協力者への食事などのお礼、協力者の車を借りる場合は燃料費、自分で搬出と搬入をする時間と手間、遠い場合や一度ですべて運べない場合はその分の時間と手間や交通費、車がない場合のレンタカー費用、荷物の被害に対する補償は一切なし、重い荷物を運ぶ際に手を挟んだり階段から落ちたりといったケガの恐れなど、問題点としてあげられることが自力での引越しには多いです。

引越し業者にお願いする場合はお金はかかるものの、上記のような問題は一切ありません。家具家電を落としてしまって壊してしまい、修理したり新調したりした結果、またケガをして病院で治療を受けなければいけなくなった結果、自力での引越しのほうが多額の費用がかかってしまったというケースもあります。転居先への引越し作業は以上のような理由でプロにお願いしたほうがいいです。

関東圏内などで転居先が近場の場合などは比較的低価格で作業を請け負ってもらえます。プロにお願いすることで、ダンボールの手配や不用品処分などの手間も省くことができる場合もあります。それなりに費用はかかりますが、ネット上で簡単に見積りを出してもらえる場合もありますので、一度おおまかな金額を出してみてから検討しても遅くないと思います。

PICK UP|東京・埼玉・神奈川・千葉の引越しなら「ファミリー引越センター」